長良川の鵜飼が涼やか着物柄に 瑞穂・NPOが制作 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長良川鵜飼を描いた着物(部分)=NPO「きものを着る習慣をつくる協議会」瑞穂支部提供
長良川鵜飼を描いた着物(部分)=NPO「きものを着る習慣をつくる協議会」瑞穂支部提供

 着物の普及に取り組むNPO「きものを着る習慣をつくる協議会」瑞穂支部は、地元の風景を着て楽しむ狙いで新作の訪問着2点を制作した。28日から瑞穂市馬場春雨町2のウメショウ穂積店特設会場で展示する。

 新作は、それぞれ「長良川鵜飼(うかい)と金華山」と「大垣市の住吉灯台と桜」の柄。京都の染色作家、松田徳…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集