メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トーク&トーク

日本被団協事務局長・木戸季市さん(80) /岐阜

木戸季市さん

 広島、長崎に原爆が投下されて75年が経過した。5歳の時に長崎で被爆し、現在は日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)と、県原爆被爆者の会(岐朋会)の事務局長を務める木戸季市さん(80)=岐阜市下西郷=に、核兵器を巡る現状や被爆者団体が直面する課題について聞いた。【黒詰拓也】

 ――自身の被爆体験を教えてください。

 1945年8月9日午前11時すぎ、長崎市の自宅前の路上に母と一緒にいました。当時ごちそうだったそうめんの配給を受け取りに行くところで、楽しみにしていました。「ゴーン」という飛行機の音が聞こえ、空を見上げた瞬間「ピカッ」と強烈な光を浴び20メートルほど吹き飛ばされ、気を失いました。

この記事は有料記事です。

残り1352文字(全文1650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです