メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「歴史を感じて」伊賀鉄道 乗換駅「伊賀神戸」が90周年 特製台紙の入場券発売 伊賀 /三重

写真や路線図を印刷し入場券をはめた記念のセットとキーホールダー=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 伊賀鉄道と近鉄の乗換駅の伊賀神戸(伊賀市比土)が1930(昭和5)年の開業から90周年を迎えるのを前に、伊賀鉄道は9月5日、記念の入場券セットとキーホルダーを発売する。伊賀神戸駅は、伊賀の盆地を旧城下町から南北に走る伊賀線と、東西に走り大阪、名古屋方面とつながる近鉄大阪線との結節点。同社は「歴史を感じてほしい」と話している。【大西康裕】

 伊賀鉄道伊賀線は、前身の会社が1916(大正5)年、上野(伊賀上野)連絡所―上野町(上野市)間で開業。22年に南に延伸し、上野町―名張間が開通したが、当時は伊賀神戸駅は設けられておらず、現在の同駅の西側に「庄田駅」があった。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文931文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです