メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お堀、悠然と水エイ 松江城で目撃 宍道湖から迷い込んだか /島根

松江城のお堀の水面近くを悠然と泳ぐアカエイ=松江市殿町で、目野創撮影

 コイと一緒にエイがゆらゆら――。松江城(松江市殿町)の周囲を巡るお堀で25日午前、記者が海水魚のアカエイを目撃した。全長約40センチで県庁近くの水草が茂る水面近くを泳いでいた。宍道湖から迷い込んだとみられ、夏に見られる光景だという。【目野創】

 背面の赤褐色が特徴のアカエイはエイの仲間で、大きいものは全長1メートル以上。東アジア沿岸に多く、海底に潜むエビやゴカイを食べる。体はひし形で、…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです