メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍機の騒音軽減、地域振興を求め 県と4市町、国に要望書 /山口

 県と米軍岩国基地周辺の2市2町で構成する県基地関係市町連絡協議会は27日、政府予算の概算要求を前に、米軍機による騒音軽減や地域振興策の充実を求める要望書を国に提出した。

 県の藤田昭弘・総務部理事、岩国、柳井両市と和木、周防大島両町の担当者が中国四国防衛局(広島市)を訪れ、防衛局の鍋田克己・企画部長に要望書を手渡した。

 要望書では、2018年3月の米空母艦載機部隊の岩国基地移転完了後、艦載機による陸上空母離着陸訓練(FCLP)前後に、周辺市町で騒音が増大していると指摘。騒音軽減策として、FCLP直前に集中する事前訓練の分散、FCLP後の空母着艦資格取得訓練(CQ)での夜間の滑走路使用の削減などを求めた。

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文401文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです