「うどん」商標権訴訟 空港タクシーが請求棄却求める /香川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「うどんタクシー」の名称を使われ商標権を侵害されたとして、琴平町の「琴平バス」が高松市の会社「空港タクシー」に使用差し止めなどを求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、高松地裁(天野智子裁判長)であった。空港タクシー側は請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状などによると、琴平バス側は「商標登録した…

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文288文字)

あわせて読みたい

ニュース特集