メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生徒を守る3ミスト対策 打ち水・冷風機・ミストシャワー 三豊・高瀬中、かん水ホース活用 /香川

生徒が登下校時に通る屋外の通路に設置されているミストシャワー=香川県三豊市高瀬町の高瀬中学校で、喜田奈那撮影

 新型コロナウイルスの感染対策によるマスクの着用で、猛暑による熱中症などへの対応が求められる中、三豊市立高瀬中学校は、農業用かん水ホースを使ってベランダの打ち水を実施している。考案した長谷川忍教頭(52)は「厳しい暑さが続く中、生徒たちが学校で過ごしやすい環境を整えたい」と話す。【喜田奈那】

 同校では新型コロナ対策のため、授業中はマスクを着用しており、窓を開けて換気をしながらエアコンを使用している。日当たりの良い教室南側にあるベランダの窓は教室内が暑くな…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです