メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉井勇と伯方島たどる 没後60年展、観覧募集 来月6日 /愛媛

愛媛県伯方島の光藤旅館で1937年撮影した吉井勇の肖像=ふるさと倶楽部提供

 今治市・伯方島の住民らでつくる「ふるさと倶楽部(クラブ)」は島ゆかりの歌人で、大正時代の名曲「ゴンドラの唄」の作詞でも知られる吉井勇(1886~1960年)の没後60年記念展示会「夏去りにけり」を9月6日午前11時~午後3時、今治市伯方町有津の矢崎集会所で開く。

 維新の志士を祖父に持ち、伯爵家に育った勇だが、1933(昭和8)年、夫人のスキャンダルから逃れるように高知…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです