メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪弁で万葉の心を 堺市のアマチュア研究者 全首を現代語訳 /愛媛

万葉集の魅力を語る中村博さん=大阪府堺市で、共同

 「令和」の典拠として注目された万葉集。そこに収録された和歌約4500首全てを、大阪弁で現代語訳したアマチュア研究者が堺市にいる。

 〈在りつつも 君をば待たん 打ち靡(なび)く わが黒髪に 霜の置くまでに〉。仁徳天皇の皇后、磐姫皇后(いわのひめのおおきさき)の和歌が中村博さん(77)の手でこうなる。

 〈死ぬもんか 生き続けたる あんた待ち うちの黒髪 白なるまで〉

 古事記では嫉妬深いと評された皇后の、夫に対する情熱的な思いがストレートに伝わってくる。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです