メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土佐くろしお鉄道 「すべらない砂」瓶詰め 職員が作業 四万十市 /高知

一つ一つ思いを込めて詰められる「すべらない砂」のお守り=高知県四万十市駅前町の土佐くろしお鉄道中村駅で2020年8月25日、上野力撮影

 受験生たちに人気のお守り「すべらない砂」の瓶詰め作業がこのほど、四万十市駅前町の土佐くろしお鉄道中村駅で始まった。

 お守りは、列車の車輪の空転を防ぐためにレールにまく「滑り止めの砂」を小瓶に詰めたもの。2012年より配布しており、受験生や保護者などから好評を得ている。今年は国鉄時代から通算で中村線開業50周年にあたるため、お守りのラベルに記…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです