メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ガンさんと赤木さん=小倉孝保

 <kin-gon>

 第二次世界大戦で連合国を勝利に導いた要因の一つは、英国の諜報(ちょうほう)機関が暗号解読に優れていたことだった。天才数学者、アラン・チューリングらの技術でナチス・ドイツの暗号「エニグマ」を読み解いた。その流れをくむのが政府通信本部(GCHQ)である。

 この組織は今、米国家安全保障局(NSA)と連携しながら世界各地の電話、Eメールを傍受している。1万人以上の職員を擁するこの巨大組織がイラク戦争開戦直前の2003年、大揺れに揺れた。翻訳分析官だったキャサリン・ガンさんがNSAからの極秘依頼を暴露したのだ。

 米国は当時、イラクへの軍事攻撃を計画し、国連安全保障理事会で決議採択を急いでいた。攻撃に慎重な国が多く、あせった米国は安保理メンバー国の盗聴をGCHQに求めた。戦争に反対だった彼女はこれを内部告発し、機密保持法違反容疑で一時拘束される。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです