メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

今年、なぜ猛暑? 偏西風が北に蛇行し、高気圧が「2階建て」に=回答・三股智子

国内観測史上最高に並ぶ41.1度を記録した浜松市=浜松市中区で2020年8月17日、宮武祐希撮影

 なるほドリ 今年の夏も猛暑(もうしょ)になったね。

 記者 8月初旬から全国的に気温が平年より高くなり、中旬以降は関東から九州の各地で最高気温が35度を超える猛暑日が続きました。

 Q どうしてこんなに暑くなったの?

 A 気象庁によると、日本の南東海上に中心を持つ「太平洋高気圧」が発達し、上空を広く覆(おお)いました。加えてその上層に、ユーラシア大陸の「チベット高気圧」が張り出してきて、二つの高気圧が重なりました。もともと高気圧の下では晴天が続き雲ができにくいため、日射量が増え地表に熱が蓄積(ちくせき)しやすくなります。今回は高気圧が「2階建て」になりさらに勢力が強まったため、気温が大幅に上昇したのです。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです