連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

今年、なぜ猛暑? 偏西風が北に蛇行し、高気圧が「2階建て」に=回答・三股智子

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国内観測史上最高に並ぶ41.1度を記録した浜松市=浜松市中区で2020年8月17日、宮武祐希撮影
国内観測史上最高に並ぶ41.1度を記録した浜松市=浜松市中区で2020年8月17日、宮武祐希撮影

 なるほドリ 今年の夏も猛暑(もうしょ)になったね。

 記者 8月初旬から全国的に気温が平年より高くなり、中旬以降は関東から九州の各地で最高気温が35度を超える猛暑日が続きました。

 Q どうしてこんなに暑くなったの?

 A 気象庁によると、日本の南東海上に中心を持つ「太平洋高気圧」が発達し、上空を広く覆(おお)いました。加えてその上層に、ユーラシア大陸の「チベット高気圧」が張り出してきて、二つの高気圧が重なりました。もともと高気圧の下では晴天が続き雲ができにくいため、日射量が増え地表に熱が蓄積(ちくせき)しやすくなります。今回は高気圧が「2階建て」になりさらに勢力が強まったため、気温が大幅に上昇したのです。

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文775文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集