メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米中 譲らぬ戦い=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 米大統領選の世論調査を見ると、支持率では民主党のバイデン氏がトランプ大統領を大きく離しているようだが、米国の友人の多くは「まだわからない」と言う。理由は「中国とのIT戦争、つまり軍事と経済の根幹に関わる戦いがどうなっているかで、まったく異なる結果となる可能性がある」。ITを巡る米中の衝突はそれほど苛烈な状況になっているのだ。

 日本でも新型コロナウイルス騒動によって、ITという巨大な技術革新の対処を専門家だけに閉じた形で実施していると、世界から後れを取るということが認識されるようになった。国家から企業まで、それぞれのトップが将来を鳥瞰(ちょうかん)してIT戦略を策定し、方策を具体化していかない限り、国の安全から経済に至るまで、再び途上国といったグループの仲間に陥らざるを得ない。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです