メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒人男性銃撃 「黒人女性として抗議」 大坂選手、大会を棄権 「テニスより重要なこと」

ウエスタン・アンド・サザン・オープン女子シングルスで4強入りを果たした大坂なおみ選手=ニューヨークで26日、共同

 米中西部ウィスコンシン州で黒人男性が警察官に背後から銃撃された事件に抗議し、女子テニスの大坂なおみ選手(22)=日清食品=が26日、出場中の全米オープンの前哨戦ウエスタン・アンド・サザン・オープンを棄権することを明らかにした。異例の決断に、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上では賛否両論が相次ぐ。ボイコットにまで踏み切った理由は何なのか。

 声明文は26日の準々決勝で逆転勝ちし、4強入りを決めた後にツイッターに投稿された。棄権する理由について「私はアスリートである前に黒人女性。私のプレーを見てもらうよりももっと注目すべき重要なことがある」とつづった。

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1572文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです