特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

どうなる東京オリンピック 政権レガシー推進力失い 意欲見極めるIOC

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リオデジャネイロ五輪の引き継ぎ式でマリオに扮して登場した安倍晋三首相=リオデジャネイロのマラカナン競技場で2016年8月21日、和田大典撮影
リオデジャネイロ五輪の引き継ぎ式でマリオに扮して登場した安倍晋三首相=リオデジャネイロのマラカナン競技場で2016年8月21日、和田大典撮影

 東京オリンピック・パラリンピックの旗振り役だった安倍晋三首相が辞任を表明したことで、新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期された大会の行方は不透明感が増すことになる。大会を開催するかどうかを決める最終権限は国際オリンピック委員会(IOC)にあり、国のトップの交代は懸念材料と受け止められかねない。

 安倍首相は辞任表明の記者会見で「開催国としての責任を果たしていかなければいけない。当然、私の次のリーダーもその考え方の下に(開催を)目指していくのだろう」と国の方針に変わりのないことを強調した。だが、ある大会関係者は「強力な推進者がいなくなる。開催に向けて黄信号がともるのではないか」と危機感を隠さない。

 安倍政権の政治的な遺産(レガシー)となりうるのが東京五輪だった。今年3月、日本側がIOCとの電話協議で史上初の大会延期を申し合わせた際も、安倍首相は中止を避けるために前面に立った。

 首相は招致段階から…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1134文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集