メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海岸にイルカの死骸18頭 重油事故との関連否定 モーリシャス海運相

モーリシャスの海岸に打ち上げられたイルカを調べる当局者ら=2020年8月26日撮影(lexpress.mu提供・共同)

 モーリシャスの海岸で26日、死んだイルカが見つかった問題で、モドゥー海運相が同日夜に記者会見し、初期調査の結果、日本の貨物船が起こした重油流出事故と関連はないとの見方を示した。打ち上げられた死骸は18頭に上るという。

 一部のイルカを解剖したところ、体表や体内から重油成分の炭化水素が検出されなかった…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです