メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内海桂子さん死去 97歳 「桂子・好江」東京漫才の大御所、芸歴80年

内海桂子さん=東京都台東区で2012年12月12日、梅村直承撮影

[PR]

 人気コンビ「内海桂子・好江」で活躍し80年以上にわたり現役を続けてきた女性漫才師の草分け的存在で、漫才協会名誉会長の内海桂子(うつみ・けいこ、本名・安藤良子=あんどう・よしこ)さんが22日、多臓器不全のため死去した。97歳。葬儀は近親者で営んだ。関係者の意向でお別れの会は予定していないという。

 千葉・銚子生まれ、東京・浅草育ち。1938年、高砂家と志松・雀屋〆子のコンビで初舞台。50年、内海好江さん(97年、61歳で死去)とコンビを組み、58年にNHK漫才コンクールで優勝。以降、東京漫才の第一人者として人気者に。得意ネタに「日本烈婦伝」「オペラは楽し」「唐人お吉」など。

 相方の好江さんの死後は1人で舞台に立つ一方、漫才協団(後に漫才協会に改称)会長として笑組、ロケット団、ナイツなど若手育成にも力を入れた。99年には24歳年下のマネジャー、成田常也さんと結婚して話題を呼んだ。今年1月まで舞台に立ち、生涯現役を貫いた。また、近年はツイッターで世相や日常について積極的に発信。ツイッターは4月まで続けていた。

 著書に「桂子八十歳の腹づつみ」など。82年度芸術選奨文部大臣賞(漫才では初)、89年紫綬褒章、93年度NHK放送文化賞、95年勲四等宝冠章などを受けた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  4. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです