特集

カルチャープラス

カルチャー各分野をどっぷり取材している学芸部の担当記者が、とっておきの話を報告します。インタビューの詳報、記者会見の裏話、作品やイベントの論評など、さまざまな手法で、カルチャー分野の話題の現象を記者の視点でお伝えします。

特集一覧

空襲被害者の遺骨問題

(上)「遺骨は納まるべきところに…」慶大周辺を歩き、母と弟の手がかりを求めた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 太平洋戦争下、米軍は日本各地で無差別に空襲を繰り返した。死者数は約50万人に上り、多数の遺骨が不明のままとみられるが、当時の詳しい資料に乏しいうえ、調査も十分になされていないため、正確な実態が分かっていない。遺骨を捜し続け、調査の実施を求める遺族たちは今なお多い。戦後75年がたっても解消されない空襲被害者の遺骨問題について、2回にわたって伝える。【栗原俊雄】

「このキャンパスの白い壁を背に、立ちすくんでいた記憶があるんです」

この記事は有料記事です。

残り2807文字(全文3021文字)

あわせて読みたい

注目の特集