転落現場で重機の一部を確認 横浜・旧米軍施設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜市金沢区の旧米軍施設「小柴貯油施設跡地」で60代の男性作業員が操縦していた重機がタンク跡(直径約45メートル、深さ約30メートル)に転落したとみられる事故で、28日もタンク跡の排水作業が続き、横浜市消防局の救助隊員らが同日午前10時45分ごろ、重機の一部を確認した。捜索のため、同11時ごろ水面…

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文369文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集