メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

残業130時間、私立高教頭自殺 損賠訴訟が和解 学校側が謝罪と再発防止策

島和男さんの遺影を手に、記者会見した妻珠子さん=大阪市内で2020年8月28日午後4時10分、藤河匠撮影

 私立・大阪緑涼(りょくりょう)高校(大阪府藤井寺市)の教頭だった島和男さん(当時53歳)が自殺したのは過労が原因だとして、遺族が高校を運営する学校法人「谷岡学園」(東大阪市)に約1億2000万円の損害賠償を求めた訴訟は28日、大阪地裁で和解が成立した。学校側が労務管理の不十分さを認めて謝罪し、解決金を支払う内容。金額は非公表。

 訴状によると、女子高だった緑涼高は、2018年4月からの共学化や調理製菓科新設を計画。島さんは同年2月ごろから、準備の中心メンバーとして連日深夜まで勤務し、妻に「過労死しそうだ」と漏らしていた。3月29日、勤務先で命を絶った。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文568文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 西村担当相の正月休み延長要請が自民に波紋 「解散戦略に影響」

  5. 特集ワイド コロナ禍登場、西村氏とは 目立ちたがり屋 官僚出身、言動は軽率? 総裁選意欲 「お友達」で抜てき?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです