メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想制度案が府議会可決 自主投票の自民は反対多数 維新と公明は賛成

大阪都構想制度案の採決で賛成票を投じる自民党の原田亮・大阪府議(中央)。右は吉村洋文府知事=大阪市中央区で2020年8月28日午後1時25分、加古信志撮影

 大阪市を廃止し、四つの特別区に再編する「大阪都構想」の制度案の採決が28日に大阪府の臨時議会であり、大阪維新の会、公明党、自民党の一部などの賛成多数で可決された。9月3日の大阪市議会の採決でも可決されるのは確実な情勢で、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化しなければ、11月1日に大阪市民対象の2度目の住民投票が実施される。

 採決は維新の提案で記名投票で実施され、賛成71、反対15で可決された。維新と公明は全員が賛成。会派内の事前の無記名投票で賛成と反対が8人ずつとなり、自主投票で採決に臨んだ自民は反対11、賛成5と反対した議員が上回った。

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです