特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

璃花子へ 一足早く復帰した友がいま思うこと 競泳・池江29日復帰戦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2018年11月3日に松本弥生選手(右)が投稿した池江璃花子選手とのツーショット写真=インスタグラムより
2018年11月3日に松本弥生選手(右)が投稿した池江璃花子選手とのツーショット写真=インスタグラムより

 白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が、29日の東京都特別水泳大会(東京辰巳国際水泳場)で実戦復帰する。1年7カ月ぶりのレース。その時を特別な思いで見守る人がいる。【倉沢仁志、大島祥平】

 鉄棒にぶら下がると、勢いよく二の腕で体を持ち上げた。1回、2回……。リズミカルに足の反動も使いながら懸垂を繰り返す。「懸垂10回は出来るけど、後は足を使わない事と、重りをつけてできるようになる事かな 数ヶ月前は一回もできなかったのになあ」

 池江選手が25日、ツイッターに投稿した筋力トレーニング動画は、200万を超す再生回数となった。病魔との闘いを経て筋力が戻りつつあることを示す映像に、「励まされる」「応援している」と称賛のコメントが寄せられた。

 池江選手は7月23日、国立競技場のピッチにも立った。来夏に延期となった東京オリンピック開幕1年前。聖火がともるランタンを抱えて登場すると、アスリートを代表し、世界にメッセージを届けた。

 「スポーツは、人に勇気や絆をくれるものだと思います。私も闘病中、仲間のアスリートの頑張りにたくさんの力をもらいました。今だって、そうです。練習でみんなに追いつけない。悔しい。そういう思いも含めて、前に進む力になっています」

 その映像を見ていた競泳女子の松本弥生選手(30)=XFLAG。2016年リオデジャネイロ五輪女子400メートルリレーでともに戦った。「国立のピッチに1人で立ってメッセージを発信して……。本当にすごいという言葉しか出てこなかった。すぐさま『感動したよ』って、璃花子にメッセージを送っちゃいました」

 12年ロ…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1807文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集