メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美を磨き、より強く アスリート「気分上昇」競技に好影響

メークをした後の姿を披露する柔道女子カナダ代表の出口クリスタ=本人のインスタグラムから

 もっと強く、より美しく――。そう願うのは、芸術性が評価される新体操やフィギュアスケートなど採点競技の選手だけではない。美を磨くことで、アスリートにはどんなプラス効果があるのか? スポーツ界の美容最前線に迫った。【藤井朋子】

意識の高まり発信

 メークやファッションに関する写真を気軽にネット交流サービス(SNS)に投稿する時代。トップアスリートの間でも「美」について積極的に発信する動きが広がっている。柔道のカナダ代表として2019年世界選手権女子57キロ級で優勝した出口クリスタ(24)もその一人。新型コロナウイルスによる外出自粛期間中の4月、「今だからお家でできることチャレンジ」として自身がメークする動画をインスタグラムに投稿し、ファンを喜ばせた。空手女子組手で東京オリンピック代表の植草歩(28)は6月、明るいオレンジ色のネイルの写真を披露。7月にも「#夏ネイル」「#リーフネイル」というハッシュタグなどを付けたネイルの写真を投稿すると、「涼しげですね」などとコメントが寄せられた。

 こうした意識の高まりは、競技そのものにも好影響を与えるという。「きれいになることで前向きになれたり、自信がついて視線が上がり、姿勢が良くなったりすることを知ってほしい」。表彰式や記者会見の時に選手のメークなどを担当する花田真寿美さん(33)は、そう語る。コロナ禍で5月からはオンラインで眉の描き方やファンデーションの付け方、化粧品の選び方などを選手にアドバイスしている。

この記事は有料記事です。

残り1485文字(全文2115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです