連載

テレビ最前線

インターネットの普及や若者のテレビ離れで、放送を巡る環境が激変する中、制作現場は変化にどう向き合おうとしているのか。報道、ドラマ、バラエティーの各分野で奮闘する3人が“テレビの最前線”を語る。

連載一覧

テレビ最前線

テレビ最前線/下 バラエティー 面白さを伝える熱を テレビ朝日・加地倫三プロデューサー

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加地倫三プロデューサー
加地倫三プロデューサー

 「テレビ最前線」の最終回では、テレビ朝日の看板バラエティー番組の制作に、長年携わってきた加地倫三プロデューサー(51)に話を聞いた。今年のコロナ禍で、多数のお笑いタレントらがトークを繰り広げるバラエティーの番組作りは大きく影響を受け、インターネットの普及による若者の「テレビ離れ」など環境変化にも直面する。笑いを届ける制作現場は、どんな思いで、知恵を絞っているのか。

 ――バラエティー番組の「ロンドンハーツ」「アメトーーク!」を手掛け、いずれも長寿番組となった。どういう発想で作ってきたのか。

この記事は有料記事です。

残り1539文字(全文1786文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集