メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴レルデ

大阪メルロー/18 寝ても覚めてもブドウづくり

朝の光を浴びて、輝くブドウの房=大阪府羽曳野市小芝地区で2020年8月、高尾具成撮影

 大阪と奈良が境を接する二上山方面の山並みから朝の光が差し込み始めると、いくつものブドウの房が、一斉に透けるように輝き出した。畑には、明け方からの摘み取りで、いっぱいとなったかごが積まれていく。「仲村わいん工房」(大阪府羽曳野市飛鳥)の醸造家、仲村現二さん(62)のブドウ畑では8月10日ごろから、地元特産の白ブドウ品種デラウェアを始まりに、本格的な収穫シーズンに突入していた。摘み取りだけでなく、よい実だけを選別する「さび取り」と呼ばれる選果作業、そして醸造に向けた搾りなどの仕込み――と休む間もない作業の連続だ。この忙しさは、9月の終わりごろまで続いてゆく。

 7月の日照不足や多雨の後に巡ってきた猛暑。この夏の空模様は、仲村さんにとっても初めての経験だった。「この天気がブドウにとって良かったんか、悪かったんかは、まだなんとも言えませんね。ただ、やれることはやってきました。人間がやれるこというたら限られていますけれどね」。仲村さんは、摘み取り作業の合間も、日ごとに完熟度や色合いを変えていく10カ所の畑で育成する15品種ほどのブドウが気になって仕方がない様…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです