メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水陸両用バスを自動運転 離島での円滑輸送に期待 埼玉工大など実証実験 /東京

群馬県長野原町の八ッ場ダムの建設でできたダム湖を進む水陸両用バス=同町

 埼玉工業大と群馬県長野原町などが、長野原町の八ッ場(やんば)ダムを巡る観光用水陸両用バスを使った自動運転の実証実験に取り組んでいる。将来的に、離島での円滑な物資の輸送や観光振興につなげる狙いがある。町によると、水陸両用車の自動運転実験は世界初だという。

 実証実験に使うバスには陸上での運転に加え、入水や水上航行、上陸を全て自動で行うシステムを搭載する。埼玉工業大の担当者によると、水上と陸上では振動などの条…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  3. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです