メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・くつろぎの宿

元禄彩雅宿 古滝屋/下 人と人結ぶ、かすがいに 「心を豊かに」前進続け /東京

元禄彩雅宿 古滝屋 福島県いわき市常磐湯本町三函208

 昼下がりの古滝屋1階ラウンジ。16代目の里見喜生(よしお)さん(52)がウェブコンサルタントの久野雅己さん(42)と話し込んでいる。久野さんは2011年、東日本大震災後に東京から福島県いわき市にUターンして会社を興し、里見さんとは帰郷前から仕事を共にする間柄だ。

 久野さんは言う。「里見さんは恩人でいつもふらっと相談に来るが、古滝屋には仕事以外でもよく寄る。地域住民に開かれた場所だから」

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本新薬が勝ち越し アーチ2本、三菱重工広島に 都市対抗

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 歌手の小金沢昇司容疑者を酒気帯び運転の疑いで逮捕 容疑認める 警視庁高井戸署

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです