メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 観光振興在り方、知事ら7人議論 「自然首都圏部会」 /山梨

ウェブ会議システム「Zoom」を使って開かれた自然首都圏構想推進部会=山梨県庁で

 新型コロナウイルスなど感染症との共生を見据えた観光立県の方向性を検討する「自然首都圏構想推進部会」の初会合が26日、テレビ会議方式で開かれ、長崎幸太郎知事と有識者6人が意見交換した。

 同部会は「首都と地方の新しい関係性」をテーマに議論する「やまなし自然首都圏構想研究会」が設置した専門分科会の一つ。

 この日の論点は観光振興の在り方。委員の…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです