メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「テレどまつり」開幕 最多373チーム、熱い演舞 名古屋・踊りの祭典、あすまで配信 /愛知

演舞映像を視聴する審査員ら=名古屋市中区で

「新しい形 家で楽しんで」

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインでの開催が決まっていた「にっぽんど真ん中祭り」(どまつり)が28日、開幕した。今年は「テレどまつり」と銘打ち、オンライン上で過去最多の373チームが熱い演舞を披露する。30日まで。

 祭りは札幌の「YOSAKOIソーラン祭り」に刺激を受けた名古屋市内の大学生らが1999年から開催。名古屋の夏を彩る「踊りの祭典」として国内外から毎年多くの人が集まり、注目されている。例年約200チームが参加しているが、今年はオンラ…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国産ウナギ1200匹を国産と偽り販売 容疑で元従業員ら書類送検 大阪府警

  2. コロナ感染半年後も98%が抗体保有 重症度高いほど防ぐ能力強く 横浜市大

  3. 季節外れ?のサクラ咲く 安倍前首相「桜を見る会前夜祭」会場ホテル付近で

  4. 大阪で新たに427人の感染確認 400人超えるのは4日ぶり 新型コロナ

  5. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです