メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相辞任表明 各党反応分かれる /三重

年初に伊勢神宮内宮を参拝した安倍晋三首相(手前)=三重県伊勢市で2020年1月6日、兵藤公治撮影

 安倍晋三首相が辞任を表明したことを受け、県内各党の幹部からはさまざまな反応の声が聞かれた。自民党関係者からは辞任を惜しむ声が上がる一方、野党幹部は「政権放棄だ」などと厳しく非難した。【森田采花】

自民「驚いた 非常に残念だ」

 自民党県連の青木謙順幹事長は「本当に驚いた。非常に残念だ」と言葉を絞り出し「長期にわたり安定した政権運営をしてきた。新型コロナウイルス対策にも尽力した。心よりお疲れ様と言いたい」とねぎらった。次期総裁選については「党本部と連絡を密にとり、話し合いを重ねて対応を検討していきたい」とした。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです