メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 松阪市、7億円補正案 インフルワクチン助成も /三重

 松阪市は28日、新型コロナウイルス対策費6億8932万円を盛り込んだ総額7億618万円の2020年度一般会計補正予算案を発表した。9月4日開会の市議会定例会に提案する予定で、新型コロナとの同時感染拡大防止を目的としたインフルエンザワクチン接種費用の助成事業など計1億2274万円については同日、採決する。

 ワクチン接種費の助成は、新型コロナの早期判定ができるように接種を促すのが目的で、感染者の重症化予防を図る。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです