メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾鷲で来年「ご当地検定」 ふるさと愛試そう 「ヤーヤ祭りの的の円は?」勉強会 /三重

地域について学ぶ勉強会で講師の話を聞く参加者=未来のおわせ向上計画実行委員会提供

 ふるさと自慢を試してみませんか――。尾鷲市の文化財や歴史についての「ご当地検定」が2021年3月(期日未定)に実施される。同市や三重大サテライト、市民団体などで作る「未来のおわせ向上計画実行委員会」では、初級・中級の受験者計100人を目標に、「尾鷲への関心を高めてもらおう」と地域の知識を深める学びの場を設けていく。

 検定では「尾鷲神社のヤーヤ祭りで、弓射行事の的に描かれた円を何と呼ぶ」といった文化財を軸にした歴史、自然などからの初級と中級の問題を想定。出題エリアも熊野古道「馬越峠・天狗倉山」と「八鬼山」、旧市街地に限定されている。このため、勉強会は、地元で保全や調査に関わる達人や外部の専門家を講師に12月までに10回を予定。21年2月14日にはシンポジウムも開催する。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 維新、衆院「沖縄北方」など特別委の整理要求 無駄削減で改革姿勢アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです