メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

短歌が好き 三十一文字に思い込め

「好きな短歌は繰りかえしよみます」と歌集を手に話す福住麻友さん=大阪市北区で2020年6月22日午後3時50分、三角真理撮影

 <学ぶ・育つ・挑む>

 短歌が好きだ。歌人の歌をよみ、共感できたとき、うれしい。自分の思いを短歌に詠めたときも喜びを感じる。(神戸女学院大2年、福住麻友)

 高校時代に文芸部に入部してから、短歌を始めた。三十一文字に、どれだけ自分の思いを入れられるかを考えるのが楽しい。人の短歌をよむのも好きだ。よみとるためには、豊富な知識が必要で、私にその知識はまだないが、自己流によんでも楽しい。

この記事は有料記事です。

残り2024文字(全文2215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです