メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

祖谷そば 徳島県三好市 ぶつ切れの食感、香ばしく

「ざる」はゆでたてをすぐに食べるのがおいしく味わうコツとか=徳島県三好市東祖谷の「つづき商店」で2020年3月26日午後2時33分、松山文音撮影

 徳島県西部の三好市祖谷地区は平地が少なく、ソバが盛んに栽培されてきた。「そば米雑炊」などの郷土料理が親しまれ、「祖谷そば」は祝いごとなどで振る舞われた。つなぎが少なく、口いっぱいにそばの香りを楽しめる。

 徳島市から車で約2時間の山間部にある「つづき商店」は、そば打ち歴45年の都築麗子さん(74)がそば打ち体験教室を開く中、常連客の声に応えて、約8年前にオープンした。機械に頼らず、毎朝、粉を練るところから店は始まる。

 かつて、つなぎを入れず、そば粉だけで作られた。しかし、嗜好(しこう)の変化とともに、地元の製麺所や飲食店は少しずつ小麦粉を入れるようになり、小麦粉を2割混ぜた「二八そば」も珍しくないという。一方、つづき商店は「昔から続く味を残していきたい」と、小麦粉を1割にとどめている。その分、そば麺は切れやすいが、ソバ本来の香りや甘さ、粘りが味わえるという。都築さんによると、地元では太い麺で食べることも多かっ…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです