特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

沼野充義・評 『日ソ戦争 1945年8月 棄てられた兵士と居留民』=富田武・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『日ソ戦争 1945年8月 棄てられた兵士と居留民』
『日ソ戦争 1945年8月 棄てられた兵士と居留民』

 ◆『日ソ戦争 1945年8月 棄(す)てられた兵士と居留民』(みすず書房・4180円)

徹底解明 「終戦」ではなかった8・15

 第二次世界大戦はどのように終結したのだろうか? 一九四五年五月、ドイツが無条件降伏し、七月末には連合国首脳がポツダム宣言を発表、なおも戦い続ける日本に対して降伏を迫った。ところが日本政府はこれをすぐには受け入れず、「黙殺」すると発表した。国際的にはそれが「無視」「拒否」と受け止められ、アメリカは八月六日と九日、広島と長崎に原爆を落とし、これが決定的な打撃となって、日本は八月一五日、天皇の玉音放送によって降伏の受諾を公表した。つまり、日本の戦争は八月一五日に終わったことになる。それでは本書が表題に掲げる「日ソ戦争」とは一体何なのか?

 この本の主題は、戦争の本当の終結のために、アメリカによる原爆投下と同様に決定的な役割を果たしたのが、ソ連による対日参戦だったという歴史的事実である。八月九日、ソ連は日本との中立条約を破って対日参戦を通告、満州への侵攻を開始して関東軍を圧倒したのだが、それでも関東軍が正式に降伏したのは八月一九日であり、さらにソ連軍による樺太・クリル(千島)の侵攻・占領作戦は九月初旬まで続いた。

この記事は有料記事です。

残り868文字(全文1390文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集