メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』=吉田喜重・著

『贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』

 ◆『贖罪(しょくざい) ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争』

 (文藝春秋・3300円)

 1941年、47歳のルドルフ・ヘスはナチスの副総統でありながら、なぜ敵対するイギリスに単独飛行をし、落下傘で着陸したのか。その後、終身刑になり93歳で死去するまで、この囚人は何を考えて過ごしたのか。それについて、ヘスによると見なされる手記を手がかりに、混乱した時代を回想する。

 ヘスはエジプトのアレクサンドリアでドイツ人の貿易商の子として生まれた。やがて学生として本国での生活が始まったが、目標を見出(みいだ)せないまま時が過ぎる。大学で地政学者のハウスホーファー教授と出会い、学問への興味が芽生えた。しかし、ヘスは教授が勧める学問の道ではなく、政治運動に心酔していく。やがて、ヒトラーとの出会い、『わが闘争』の口述筆記、そして党の中枢への抜擢(ばってき)など上昇する道筋が開…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです