メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「愛の不時着」本当はどうなの? 格差が邪魔をする南北間の恋 /後編

北朝鮮東部・元山の道路をトラックの荷台に乗って移動する人たち。手を振ると笑みを浮かべた=2013年6月22日、工藤哲撮影

 大ヒット中の韓国ドラマ「愛の不時着」について、元NHK記者で北朝鮮情勢に詳しい桜美林大の塚本壮一教授(55)に12の疑問を聞くシリーズの後編。はたして北朝鮮と韓国の男女が、恋に落ちることはあるのか。ドラマによって韓国の人たちの対北朝鮮感情に変化はあるのか。塚本氏の答えは――?【國枝すみれ/統合デジタル取材センター】

デパートより不動産?平壌に増える「小金持ち」

 疑問6 主人公の北朝鮮将校リ・ジョンヒョクの婚約者、ソ・ダン(ソ・ジヘ)は、平壌のデパート経営者の娘でロシアに音楽留学しています。こんなお金持…

この記事は有料記事です。

残り3304文字(全文3557文字)

國枝すみれ

1991年入社。英字新聞毎日デイリーニューズ編集部、西部本社福岡総局で警察担当記者、ロサンゼルス支局、メキシコ支局、ニューヨーク特派員を経て、2019年10月から統合デジタル取材センター。05年、長崎への原爆投下後に現地入りした米国人記者が書いたルポを60年ぶりに発見して報道し、ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです