特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

妊娠中に感染したら? コロナ禍の出産 記者が直面した不安

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
分娩室で助産師が撮影した生まれたばかりの我が子=奈良市で2020年6月19日午後0時16分
分娩室で助産師が撮影した生まれたばかりの我が子=奈良市で2020年6月19日午後0時16分

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、6月19日に第2子となる女児を出産した。もし、自分が感染していたら、胎児への影響はあるのか。医師にうつしてしまったら、病院の機能を止めてしまうのではないか――。そんな不安を抱えながら臨んだ出産。今はただ、元気に生まれてきてくれたことに感謝している。

 出産したのは、新型コロナの患者も受け入れている奈良県内の総合病院。産科では、検診の付き添いや分娩(ぶんべん)時の立ち会いが禁止され、入院中は夫にすら会うことができなかった。助産師らを講師に分娩や産後について学ぶ「母親学級」も中止された。疑問や不安を解消するだけでなく、同時期に出産を迎える母親同士のつながりをはぐくむ場でもあったのだが……。待合室では受付の人との会話も少なめで、入院時の準備品を教わるにも、こちらから尋ねなければならないような雰囲気があった。初産婦であれば私も大きな不安を感じていただろう。

 病院では、妊娠10カ月の37~38週の妊婦全員にPCR検査を求めていた。私は37週6日で検査。病院の敷地内に設置されたテントで鼻の奥に棒を突っ込まれて検体を採取し、翌日に陰性と判明した。費用の自己負担は…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文1071文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集