特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

広がる「陰性証明」 必要な「通行手形」か「非科学的なお守り」か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
検体となる唾液の採取方法について説明する日本橋れいわ内科クリニックの井内裕之院長=2020年8月14日午後4時5分、島田信幸撮影
検体となる唾液の採取方法について説明する日本橋れいわ内科クリニックの井内裕之院長=2020年8月14日午後4時5分、島田信幸撮影

 新型コロナウイルスをめぐり、PCR検査で感染していないことを確認する「陰性証明」の需要が高まっている。医療保険が適用されない自由診療のため1回2万~4万円程度かかるが、海外渡航するビジネスマンらの利用が増えている。しかし、陽性なのに陰性と判定してしまう偽陰性などの課題もあり、陰性証明の増加に批判的な医療関係者も少なくない。

この記事は有料記事です。

残り3260文字(全文3423文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集