メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広がる「陰性証明」 必要な「通行手形」か「非科学的なお守り」か

検体となる唾液の採取方法について説明する日本橋れいわ内科クリニックの井内裕之院長=2020年8月14日午後4時5分、島田信幸撮影

 新型コロナウイルスをめぐり、PCR検査で感染していないことを確認する「陰性証明」の需要が高まっている。医療保険が適用されない自由診療のため1回2万~4万円程度かかるが、海外渡航するビジネスマンらの利用が増えている。しかし、陽性なのに陰性と判定してしまう偽陰性などの課題もあり、陰性証明の増加に批判的な医療関係者も少なくない。

 「社員のPCR検査をお願いします」「陰性証明の書類は出してもらえますか」

 JR東京駅近くにある「日本橋れいわ内科クリニック」(東京都中央区)には唾液によるPCR検査を始めた7月11日以降、こうした問い合わせが殺到している。

この記事は有料記事です。

残り3148文字(全文3423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  4. 検証プラス・新型コロナ 経済対策迷走①特別定額給付金 「一律10万円」で綱引き、遅れた給付

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです