メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大坂「ブラック・ライブズ・マター」Tシャツで会場に 「やるべきことをやった」

「ブラック・ライブズ・マター」と書かれたTシャツでウエスタン・アンド・サザン・オープン女子シングルスのコートに現れた大坂なおみ=ニューヨークで28日、AP

 米ウィスコンシン州で起きた警官による黒人男性銃撃事件など人種差別に抗議するため、テニスのウエスタン・アンド・サザン・オープン女子シングルスで4強入り後に棄権を表明し、その後撤回した大坂なおみ(日清食品)が28日、準決勝でエリーズ・メルテンス(ベルギー)を降し、29日の決勝に進んだ。コートには「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大事だ)」と書かれたTシャツで現れた。

 26日に準々決勝を勝ち、米プロバスケットボールのNBAで同州に本拠地を置くバックスのボイコットにより、プレーオフの3試合が延期になったため「私も声を上げないといけないと思った」と打ち明けた。ツイッターに抗議に同調する声明を出すと「影響はテニス界だけかと思っていた」という予測を超え、米スポーツ界に広まった。

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです