メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩野半年ぶり実戦1位 「1年延びたからこそできることがある」水の王者が再始動

リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレーの表彰式で、金メダルを胸に声援に応える萩野公介=ブラジル・リオデジャネイロの五輪水泳競技場で2016年8月6日、小川昌宏撮影

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの萩野公介(26)=ブリヂストン=が29日、東京辰巳国際水泳場で開かれた東京都特別水泳大会で約半年ぶりの実戦レースに臨んだ。男子200メートル自由形に出場し、1分48秒95で1位だった。

 「1年延びたからこそ必ずできることがある」。そう語っていた水の王者が2度目の再スタートを切った。

 半年ぶりの実戦を白星で飾った萩野は「意識していた柔らかいキックも打て、タイムはある程度出てくれた」と手応えを口にする。6年前の自己記録から3秒余り遅れたが、今年1月の競技会で1分52秒台と苦しんだ種目に光が差し込み、「練習の成果がレースで発揮できた」。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです