実戦復帰・池江、マネジャーの涙にもらい泣き 「ここで泳げ感動、第二の水泳人生の始まり」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
レースを終え、涙ぐむ池江璃花子=東京辰巳国際水泳場で2020年8月29日(代表撮影)
レースを終え、涙ぐむ池江璃花子=東京辰巳国際水泳場で2020年8月29日(代表撮影)

 白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子選手(20)=ルネサンス=が29日、1年7カ月ぶりに実戦復帰した。東京都特別水泳大会の女子50メートル自由形で26秒32をマーク。5組1位で、全体5位だった。同種目の日本学生選手権(インカレ)参加標準記録(26秒86)を突破し、「(組で)1番になれるとは思っていなかった。この場所で泳げたことに自分のことだけど感動した」。池江選手の主な談話は次の通り。

 すごく緊張していて、楽しかったのももちろんだけど、1本終えてほっとした。(レース後)マネジャーさんが目の前に立っていた。…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文560文字)

あわせて読みたい

注目の特集