メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実戦復帰 池江がトップアスリートに戻るには 専門医が語る課題とパリ五輪

女子50メートル自由形でスタートする池江(中央)=東京辰巳国際水泳場で2020年8月29日(代表撮影)

 白血病の病名公表後初となる1年7カ月ぶりの実戦復帰を果たした池江璃花子選手(20)=ルネサンス。これまでの病状経過はどうなのか。また、新たな目標に設定した2024年パリ五輪までの道のりはどうなるのか。近畿大医学部長で、血液・膠原(こうげん)病内科の松村到教授に聞いた。【倉沢仁志】

 ――昨年2月の病名公表から、ここまでの実戦復帰をどう捉えていますか。

 ◆白血病細胞を殺すための治療は完全…

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1237文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです