メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#セカンドキャリア

「うな重」で再生した“代打の切り札” 野村克也さんの教え胸に振る包丁

店の前に立つウナギ料理屋「大乃」の店主で元プロ野球選手の大野雄次さん=東京都港区で2020年7月30日、内藤絵美撮影

 バットを包丁に持ち替えて20年。東京都内のウナギ料理屋店主、大野雄次さん(59)は、プロ野球で「代打の切り札」と呼ばれた時代がある。亡くなった恩師への手紙、1日150本の串刺し修業、休業要請と戻らない客……。何事も諦めず第二の人生を歩むのには、ヤクルト時代にチャンスをくれた故野村克也さんの教えがあった。【円谷美晶】

 NECや三菱自動車など企業の本社が建ち並ぶオフィス街に近いJR田町駅。駅前のビル地下にウナギ料理屋「大乃」はある。調理場を切り盛りする大野さんは、日に焼けた肌に白いかっぽう着が映える。看板の「うな重」は、松竹梅の3種類。ウナギはホロホロと柔らかく、甘辛で濃いめのタレとの相性は抜群だ。米粒一つも残すことなく箸が進む。

 「ウナギ屋にとって店の味はタレの味。一番ご飯の進む甘辛にしています。でもね、大変なんですよ。メニューを考えるのは。ウナギ一本じゃやっていけません。市場に行って、これは焼いたらうまいだろうと思いついたものを出すこともあります。『TTKG』はウナギのタレを使った卵かけご飯。娘に言われてメニューに加えました」

 国産の減少で、ウナギの価格は高騰が続く。店を始めたころはうな重の松も1800円で出していたが、今は2400円。それでも、土用の丑(うし)の日になると、昼は大忙し。居酒屋となる夜も予約でいっぱいになるが、今年は違った。36席ある店内は例年の半分の客入りで、新型コロナウイルスの影響が続く。

 「4月から5月末まで夜の営業はストップしました。店が暇だと精神的に疲れます。先が見えず、店を閉めることも考えましたが、その結論には行き着かなかった。ここで諦めちゃ駄目だって、ただそれだけです。諦めたらすべて終わってしまう。耐えて、耐えて、今を乗り切るしかないんです」

 その原点は、恩師と出会った現役時代にある。1987年、社会人野球の川崎製鉄千葉(現JFE東日本)からドラフト4位で大洋に入団。当時25歳で「子連れルーキー」と呼ばれた。代打での起用が続き、92年に巨人、94年にヤクルトへ移籍した。

 「巨人を戦力外になった93年の日本シリーズでのことです。神宮球場に来ていた巨人OBに野村さんが『大野はどうした』と話してくれたのがきっかけで、ヤクルト移籍が決まりました。大洋時代からヤクルト戦に強かったので、印象に残っていたのかもしれない。野村さんがほしがってくれるなんて、最高ですよ。意気に感じました」

 野村監督の下で臨んだ95年、オリックスとの日本シリーズ第1戦。1点差に迫られた八回、1死一塁の場面でシリーズ初打席に立つと、ダメ押しの2点本塁打で日本一に貢献。96年には、代打逆転満塁本塁打を2本放った。

 「日本シリーズの初打席は足が震えました。打撃が絶好調だったから自分を信じた。期待に応える秘訣(ひけつ)は準備を怠らないことです。ゲームに入って、気持ちを作る。序盤で呼ばれることはなく、いつも終盤の一発逆転の場面で回ってきました」

 98年のシーズン終盤。野村さんに監督室で「わしはもう辞めるけど、お前はどうする?」と聞かれ、「引退して飲食店をやります」と答えた。その時37歳。会社員として再スタートする気にはならなかった。酒好きで飲食業に興味があった。

 「実はその会話をした2、3日後に、野村さんに手紙を書いたんです。『もし監督の下でお…

この記事は有料記事です。

残り1778文字(全文3167文字)

円谷美晶

毎日新聞東京本社運動部。1985年、東京都生まれ。2009年入社。北海道報道部、千葉支局を経て、東京社会部では気象庁や東京都庁を取材。18年から東京運動部で五輪取材班となり、体操、トライアスロンなどを担当。高校までの部活動は陸上で中・長距離の選手。いつも皇居周りを走っていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 菅新政権に“本筋の改革”を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです