J1神戸、土壇場で引き分けに持ち込む 「選手の自信につながる」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

神戸△3―3△横浜マ(29日・ノエスタ)

 神戸が土壇場で引き分けに持ち込んだ。2点を追う後半終了間際に、藤本、古橋がゴール。横浜マは4連勝を逃した。

 ホームのサポーターの前で、意地を見せた。タイムアップ寸前の2ゴールで追いついた神戸。フィンク監督は「残り30分はいいメンタリティーを見せてくれた。今日は勝ち点1で満足している」と素直に喜んだ。

 1―3で迎えた後半45分、左サイドでボールを持ったDF酒井がゴール前に指示を送る。そのまま狙い澄ましたクロスを上げると、飛び込んだのはFW藤本。斜め後方からのボールに、体を開きながら巧みに右足を合わせる技ありのボレーでゴールネットを揺らした。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集