特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

機動力の大阪ガス、成熟の日本生命…実質枠2減で混戦必至 都市対抗近畿2次

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
近畿地区2次予選の組み合わせ。雨天順延で日程は変更されている
近畿地区2次予選の組み合わせ。雨天順延で日程は変更されている

 社会人野球の第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の近畿2次予選が9月1日、わかさスタジアム京都で無観客試合で開幕し、14チームが代表5枠を争う。順調に日程が進めば、代表決定戦は12、14、15、17、18日に行われる。

 大阪ガスが推薦出場し、記念大会のため代表6枠だった昨年と比べると事実上2減。代表権争いは混戦必至だ。

 昨秋の日本選手権で初優勝した大阪ガスは小深田が楽天入りしたが、どの選手も盗塁を仕掛けられ、機動力野球は健在だ。投手陣は日本選手権で最高殊勲選手賞に輝いた右腕・阪本を中心に、猿渡と飯塚の両9年目右腕、立教大出の新人左腕・田中ら駒がそろう。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文795文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする