メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第26回 八雲とゴーギャンがマルティニークで探したこと

「海岸、マルティニーク島」1887年 ポール・ゴーギャン

 フランス人の画家、ポール・ゴーギャンが1887年にカリブ海のマルティニーク島で描いた絵を何枚か見て、それが私たちに何を言おうとしているか考えてきた。1890年に日本に来て、その後名前を小泉八雲と変えた、あのラフカディオ・ハーンも、ゴーギャンと同時期に、同じ島を訪ねたのはとても興味深い。ただ、2人が出会った形跡はない。

 2人は共に、マルティニークで見たものを「写生」しようとした。ゴーギャンは絵で、ハーンは言葉で。しかし両者にとって、マルティニークはどちらかといえば短い滞在で、はるか西に向けての旅の中継点であった。ゴーギャンの場合はタヒチに、そしてハーンは日本に。そしてその土地で、どちらも彼らの芸術的な能力を十二分に発揮することになる。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1080文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです