かかしユニーク73体 地域活性化へ 尾花沢に登場 /山形

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブランコに乗る弟を見守る姉をイメージして作られたかかし=山形県尾花沢市で
ブランコに乗る弟を見守る姉をイメージして作られたかかし=山形県尾花沢市で

ブランコの弟を見守る姉、防護服を着た人、交通安全呼びかける男性

 ブランコに乗る弟を見守る姉や防護服を着た人、交通安全を呼びかける男性……。尾花沢市西原地区に、世相などを反映したユニークな「かかし」73体(8月19日現在)が登場し、地域活性化に一役買っている。10月末まで楽しめるという。

 きっかけは2018年秋ごろのこと。日が暮れても畑で農作業をしている女性の後ろ姿を見かけた地区の住人が心配して声をかけるも返事がなかった。不思議に思って近づいてみると、畑に座っていたのは…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集