メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鑑定資料2565点放置 38年分、重大事件も /山梨

 県警刑事企画課は28日、警察署や県警本部各課が鑑定依頼した資料2565点が、笛吹市の科学捜査研究所に放置されていたと発表した。1974~2012年のメモや車の塗膜片、猟銃用の雷管など。交通事故や詐欺事件関係が多く、未解決や重大な事件のものも含まれていた。県警刑事部の瀬戸良広参事官は「鑑定結果の有用…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです