メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集「四季の由良川」 「母なる姿」残したい 二十数年追い続け 綾部出身・小雲さん出版 /京都

写真集「四季の由良川」を手にする小雲一志さん=綾部市岡町で、塩田敏夫撮影

 綾部市出身の小雲一志さん(89)が初の写真集「四季の由良川」を出版した。二十数年をかけ、由良川の源流から河口まで歩き、四季折々の姿を70点の写真で表現した。由良川のほとりで生まれ育った小雲さんは「以前あった由良川の姿が次々となくなっており、なんとか写真で残したかった。私の人生の集大成でもあります」と語った。【塩田敏夫】

 由良川に近い綾部市岡町で生まれた。周りには桑畑がたくさんあった。物心ついた時から近所の友達と一緒に泳ぎ、魚を追っていた。旧制福知山中を卒業後、現在の鳥取大で農芸化学を学んだ。グンゼに入社し、韓国工場の創設にかかわり、メリヤス事業部長、専務取締役などを務めた。現在は兵庫県宝塚市在住。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです